【速報】世界中のDJを唸らせた、レジェンド級タンテPDXシリーズが極小入荷。

こんにちは!オタレコさがわです。

超数量限定、中古のレジェンド級タンテ、VESTAX PDX-2000、PDX-2000MK2が入荷!(メンテナンス済)

貴重になってきているVESTAX製品ですが、まずは、PDX-2000の動画をみて、当時のその活躍ぶりをみてみましょう!

PDXシリーズが使用されている動画

今もたくさんのDJに愛用されているPDXシリーズ。

PDXシリーズがレジェンドな所以

以上のように、機器の性能にとても厳しいスクラッチDJがこぞって使用した、PDXシリーズ。他のタンテとどのような違いがあるのでしょうか?

それは、ターンテーブルの回転力の強さ(トルク)、そして耐久性。

回転力(トルク)が強いと、スクラッチプレイがとってもやりやすいということです。

トルクが弱いものと比較すると、例えるなら、ぬかるんだグランドでサッカーするのと、芝生の上でサッカーするのぐらい違います。
※低価格帯のターンテーブルに共通していることは、トルクが弱いということです。

テクニクスのターンテーブルも、もちろんスクラッチは出来ますが、トルクが強いとは言えません。
針飛びやトルクの弱さなどでストレスを感じずに練習できることは、スキルアップのための重要なポイントですね。

そういった流れでこのVestaxのタンテが全世界のスクラッチDJ、バトルDJに支持されてきました。性能に厳しいスクラッチDJやバトルDJが認めるほどのタンテですので、もちろんスクラッチをしないDJにとっても使いやすいかと思います。

上記以外にも、針飛びしにくいように、レコード針がある部分を直線にしている、ストレートアームを採用していたり、ピッチフェーダー±60%までのピッチ調整や、スタート・ストップの速度調整など、機能も豊富です。

この丸みを帯びたデザインも、ちょっとだけレトロな感じがして、とってもオシャレですよね。

PDX-2000とPDX-2000MK2の違い

PDX-2000は、2000年に開発がスタートし、2001年に発売となりました。PDX-2000MK2はその後継機種です。

プラッターの形状が薄型になっていて、ダストカバーの取り付け部分がなく、ピッチコントロールが少し重いのが、MK2です。

PDX2000の方が重心が少し高く、そちらの方が好みという方もいます。

基本機能は一緒ですので、Vestaxの人気モデルを使ってみたいという方には、どちらもおすすめです!

当時欲しかったけど、ゲットできなかった方、逆に今、Vestaxのタンテが気になっている方、是非この機会にご検討してみてはいかがでしょうか!

以上、VESTAXのPDX-2000シリーズのご紹介でした!

今回、メンテナンス済みの中古品が極小数入荷しましたので、急遽お知らせいたしました。

すぐにご使用いただけるよう、特別に新品のOrtofon(オルトフォン)のヘッドシェルとカートリッジが付属しています!

詳細、ご注文については下の画像をクリック!状態でグレードわけしています。

既に売り切れているものも出てきているので、お早めに!

↓↓↓

> 【中古品/安心のメンテナンス済み!】Vestax/ターンテーブル/PDX-2000MK2(★ヘッドシェルSH-4ブラック+カートリッジOM PRO Sどちらも新品付き!)

> 【中古品/安心のメンテナンス済み!】Vestax/ターンテーブル/PDX-2000(★ヘッドシェルSH-4ブラック+カートリッジOM PRO Sどちらも新品付き!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です