お気に入りのレコード針が生産終了してしまったら、まずやるべきこと。

こんにちは!オタレコさがわです。今日は、生産終了したカートリッジを使っている人が知っていて損しない、オススメの交換針の話しです!

生産終了したレコード針を探している人にとっての救世主、JICO!!!!

この春、引っ越しの際に針を誤って落としてしまい、針先が折れちゃいました。心も折れました。

使っていたのはM44Gなのですが、最近、生産終了しちゃいましたよね。※あくまで生産終了で、まだ国内在庫が流通している場合がございます!

実は、純正品のN-44G以外でも使えるものがあります!

それがこちら、JICOから発売されている品番192-44Gという交換針。

ちなみにM44-7の交換針として下記があります。こちらは、JICOの品番でいうと192-44-7という交換針。

これで今までどおり、好きなカートリッジを使い続けられますね!(純正品と仕様が同一というワケではないので、音質は変わります!)

お気に入りのレコード針が生産終了したら、落ち込む前に互換品がJICOでないかチェックしよう!

この救世主のような存在、JICOって何でしょうか?

ということで、

大変歴史のある国内企業ということも、安心できますね。

あとは、

とにかく種類が多い!!!!

もちろんオタレコで取り扱っています。

探している針をうまく見つける裏技を下記で解説しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓

オタレコTVでもご紹介しています。

一覧で見たい!という方は下記より。

↓↓↓↓↓↓↓

 

以上、今日はお気に入りのレコード針が生産終了してしまった場合にJICOで互換品を探してみる話しでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です