ソフトシンセだとは思わせない操作感「KEYLAB 25」

より直感的に、そしてクリエイティブな音楽制作を可能とさせるArturiaの「KEYLAB 25」

1、ハイブリッドシンセサイザー

ハイブリッドシンセサイザーとは、ソフトシンセサイザーとハードウェアシンセサイザーのいいところを両方持っているシンセサイザーのことを言います。
その証拠にKEYLAB 25ではソフトシンセサイザーを使っているのを忘れてしまうくらい直感性や操作性が優れています。
ソフトシンセならではのわずらわしさや分かりにくさがほとんどないのです。

2、拡張性の高さ

KEYLAB 25にはたくさんのつまみやフェーダーが搭載されております。
これはもちろんお使いのDAWをふとにマッピングすることが出来ます。
Ableton Liveのライブパフォーマンスとしてマッピングさせることも、Logicでの音楽制作の補助コントローラーとしても。
使い方は使用者が決めます。
これだけの操作部があればいろんなことができるようになり、より制作が楽になるはずです!

3、実際に使っているところを見てみる。




▲こちらはKEULAB 25とAbleton Liveを連動させている動画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です