B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

良い音を持って出かけよう!B&Oのヘッドホン、H8iのここがスゴイ!

【持ち運べる高級オーディオ】B&OのH8iのご紹介です!

こんにちは、オタイレコードのリシュンです。

突然ですが、皆さんヘッドホンはお持ちでしょうか?

DJであればDJ用のモニターヘッドホン、作曲をしているのであれば作曲用のモニターヘッドホンをお持ちの方が多いと思います。今回は、海外の高級家電メーカーB&OことBang&Olufsenのワイヤレスヘッドホン、H8iの魅力についてご紹介します。

B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

 

良い音は良い素材から

実は私自身、前モデルのB&OのH8を使用しているのですが、音を聴く前にまず感動するのが装着感です。

H8とH8iには共通でイヤーパッドにはラムスキンを使用することで、耳にしっかりとフィットし長時間の装着にも快適な作りになっています。

▼カラーバリエーションは全2色

B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

▲Natural

Black▼

B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

勿論、素材へのこだわりはイヤーパッドに留まらず、本革製のヘッドバンドやアルミ製のイヤーカップやフレームを採用することで、音質の向上と普段身に着けるアクセサリーとしてのヘッドホンの良さを兼ね備えた、素晴らしいヘッドホンです。

ワイヤレスでどこでも音楽を楽しめる

最近はワイヤレス製品も増えてきましたが、ワイヤレス製品の大きなメリットといえばやはり取り回しやすさです。スマートフォンや音楽プレイヤーからケーブルで接続する必要もないため、ケーブルがどこかに絡まったり、タッチノイズ(ケーブルに体等が触れることによって発生するノイズ)等を心配する必要がありません。

また、H8iはワイヤレスヘッドホンのデメリットと考えられる、

  • 音の遅延
  • バッテリーの容量

もしっかりとカバーしています。

音の遅延の面では、動画を見ても違和感を感じるほどズレることはなく、問題はないと思います。

バッテリー容量はワイヤレス接続時で再生時間と、丸一日音楽を聴いていたい!という人にも1日半音楽をワイヤレスで楽しむことができます。

他にも、Bluetooth ver4.2対応、左側のイヤーカップに操作ボタンを搭載、USB-TypeCによる充電により急速充電を可能などの機能により利便性がしっかりと備わっています。

音質の面では、ハリのある低音域にキビキビと動く高音域、まるで音楽に囲まれているような幅広い音場を感じることができました。

B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

DJや作曲用などのヘッドホンを持っている方でも、プライベート用に1本持ってみてはいかがでしょうか?

 

▼詳細はこちらの商品ページをご覧ください!

B&O PLAY/ワイヤレスヘッドフォン/H8i

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です