このエントリーをはてなブックマークに追加

第四回Nagoya Ableton User Meet Up開催決定!
今回のテーマは
「ループミュージックにおける、即戦力の音階活用術」

世界中のクラブミュージックのトラックメーカーが愛している
「Ableton Live」
そのユーザーグループミートアップを
名古屋で開催いたします!

Nagoya Ableton User Groupとは?

今世界各地で結成されている「Ableton User Group」
主にはユーザー同士が集まり、いろんなAbletonの使い方や、応用、そして時には認定トレーナーの方からお話を伺ったりなどするいわば意見の交換の場です。
初めて使う人から玄人の方まで、それぞれがどんな使い方をしていて、こういう機能を使っている、というリアルなお話ができる場となっております。

今現在DJシーンの中で「トラックメイク」というのがとても注目されています。
しかし始めようにも初め方がわからない。使い方がわからない、というのをよく耳にします。
そんな中で、同じユーザー同士で集まり、いろんな意見を交換する、というのはとても重要なことで、大切なことだと考えます。
デジタルが主流だからこそ人と人とが合って、実際に顔を見ながら話す。
これもある意味音楽の発展と進歩の大きな役割になるのでは、と思います。
わからないことも知らないこともここに来ればわかります!
気軽に来れて誰もが共有しあえる場所になれば、と思います。

オーガナイザー:IKKI

Ableton Liveを使ってないと参加できないの?

そんなことはありません!
DAWを何かお持ちでしたら必ず楽しめる会になっております。
音楽は共通言語ですので、ほかのDAWでも応用できるお話などたくさんあると思います。
これからAbleton Liveを使ってみたい、という方。
そもそもAbleton Liveとは何か、というのを知りたい方も大歓迎でございます!!

Ableton Liveとは?

今や世界中にユーザーがいる音楽制作ソフトです。
その使いやすさとDJとの親和性の高さから、クラブミュージックのトラックメーカーの方が使用することが多いのです。
更にAbleton Liveは音楽制作ソフトというだけではなく、ライブパフォーマンスの中では楽器となることもあります。
コントローラーなどを駆使して無限の使用方法があるのです。

第四回Nagoya User Group Meet Up開催!

2019年3月26日(火)に名古屋栄のイベントスペースspazio ritaにて第四回Ableton Nagoya User Meet Upを開催いたします。
今回のテーマは「ループミュージックにおける、即戦力の音階活用術」
音楽を作るうえで音楽理論というのはやはり切り離せない重要なものとなります。
クリエイティブな音楽こそ実はしっかりと音楽理論で計算されていたりしているのです。
今回はそんな音楽理論が楽しく分かるように現在ベーシストとしても活躍されているAbleton Live認定トレーナーのヨシザワ トシキ氏をお招きしてご講義をしていただきます。
Ableton Liveには使えば難しそうな音楽理論も簡単にしてくれる機能がたくさんあります。
そんな知っているようで知らない機能を今回もしっかりお教えしたいと思います!

Ableton Live認定トレーナーのToshiki Yoshizawa氏によるワークショップ開催決定!

Toshiki Yoshizawa/吉澤 俊樹

アーティスト・クリエイター・ベーシスト・サウンドデザイナー・コンポーザー・アレンジャー。

ベーシストとしてホテルのレギュラーバンドを務め、ジャズ・ラテン・ブラック・ポップス・クラブを軸に幅広いジャンルで活動。ゴスペルの名曲Oh Happy Day の初リードシンガーで、グラミー賞へと導いたシンガー、Dorothy Morrison、ハービーハンコックとの活動で知られるドラマー、James Leviらとサンフランシスコでのレコーディングにベーシスト兼、エンジニアとして参加。
CMやキャラクター、子供向けの楽曲制作等、活動は多岐に渡る。
環境にあった音楽を提供するプロデュース能力には定評があり、幅広いジャンルの音源制作に携わる。クラブミュージックに造詣が深い。音楽教育者としても、専門学校等で、楽器演奏から作編曲、音楽理論、の指導を行う。
ネットを通じて、DTMレッスンも全国展開中。「アートの為のエンジニアリング」・「音楽のTPO」等、常にテーマを持ち、 音楽という大きなカテゴリーの中で活動を展開し続けている。

【講義いただく内容】
1.とりあえず、これだけ知ってればなんとかなるオーセンティックな、なんちゃって音楽理論
2.DAWでの和音の積み方
3.スケールをキャラクターで把握しよう
4.相性の良いコードとスケール
5.理論がわからなくても大丈夫!ABLETON付属のMIDIエフェクトを活用して、コードと調和するフレーズと和音を作ってみよう

開催概要

日時:2019/3/26(TUE) Open 19:00 / Start 19:30〜 / Close 22:30
場所:spazio rita
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5丁目26ー39 GS栄ビル B-1
Tel: 0568-48-1610(OTAIRECORD HEAD OFFICE。11:00-16:00、水木以外)

参加費:1,500円(1ドリンク)

19:00 OPEN
19:30 START IKKIによるワークショップ
20:30 休憩
20:45 Toshiki Yoshizawa氏によるワークショップ
21:45 質疑応答
22:30 イベント終了

【主な内容】
・ご挨拶。
・IKKIによるワークショップ
1.そもそもコード進行って何?
2.コード進行による音楽の変化
3.様々な音楽でのコードの特徴
・Toshiki Yoshizawa氏によるワークショップ。
1.とりあえず、これだけ知ってればなんとかなるオーセンティックな、なんちゃって音楽理論
2.DAWでの和音の積み方
3.スケールをキャラクターで把握しよう
4.相性の良いコードとスケール
5.理論がわからなくても大丈夫!ABLETON付属のMIDIエフェクトを活用して、コードと調和するフレーズと和音を作ってみよう

イベント応募フォーム

2019/3/26 火曜日にsptazio ritaで開催されるAbleton Live Nagoya User Group Meet Upに参加出来る方が応募可能です。
下記のバナーをクリックしてご応募ください。
※ウェブでのお申込みは終了いたしました!
もし当日行きたい!!という方は会場でその旨お伝えくださいませ!
お待ちしております!