検索のヒント 商品名 全文  
 
 

自分の曲を自分で録音するメリットは?




レコーディング機材を揃えて、自分で声を、曲を録音をする。
この「自分で」ということが、実はとても大事なことなんです。

現在、レコーディング周辺機器もかなり便利で低価格になり 多くの人がより気軽にレコーディングをすることができるようになりました。
自分でレコーディングを行う事で見えてくるモノがたくさんあります。



自分でレコーディングをするからこそ分かることがある

自分でレコーディングをすると何が分かるか。

それは「自分の本当の声」です。

実は人間っていうのは意外と自分の声がどんな声か分かっていない人が多いのです。
あなたが普段話している声、歌っている声というのは、あなたの想像している声とは少し違います。

分かりやすく言うと、ビデオなどの動画で自分の声を聞くと違和感を感じませんか?
でも周りの人には全く違和感なく聞こえていると思います。
ラップや歌を始める以上、自分の声はしっかり認識しておく必要があると思います。


また、曲をレコーディングしていくうちに分かってくることがあります。
それは「自分の曲や歌い方のクセ」です。
これはどういう事か、ラッパーを例にして説明すると、

曲を録音していく中で


「いつも同じタイミングで韻(曲の強調部分)を踏んでいる。」

「頻繁に使うフレーズや言葉がある。」

「頭の中では歌えるのに、実際歌うと息が続かない。」

「曲の終盤になると喉がもたない。」

「頭の中で歌うとカッコいいのに、いざ録音して聞いてみると微妙だった。」


などなど、多くのことに気づかされます。
何かに気づいた後は、問題点や気になるところを修正して 更に良質な曲に仕上げていけば良いのです。
自分でレコーディングができれば、撮り直しは何回でも可能です。



曲のクオリティが確実にアップする

また、いくつか曲を作っていくと、
「いつも同じような曲ばかりできるな」ということを思うかもしれません。
こんな時に自分のクセが分かっていれば、


「いつもは使わない言葉を使ってみよう。」

「韻を踏むタイミングがいつも同じだからちょっと変えてみよう」


などと色々と応用ができるのです。

つまり、自分のクセを知ることで、曲のクオリティを上げることができるのです。



スタジオレコーディングにも役立つ

スタジオレコーディングに備えて。
(お金を払ってプロのレコーディングを行ってくれる場所)
自分でレコーディングを何度も重ねていくと

・デモCDレベルでは物足りない。

・もっとプロクオリティで録音がしたい。


などと色々な向上心や欲求が湧いてきます。

その時使っている機材をグレードアップする人もいますし 中にはスタジオにレコーディングを依頼する人もいると思います。

その際、曲ができていきなりぶっつけ本番レコーディングというよりも 事前に自分でレコーディングを行い、しっかりと練習することが大事になります。
スタジオでのレコーディングはだいたいの場合はお金がかかるので、
少しでも節約できれば儲けモンです。
(時間単位の料金設置のスタジオの場合、時間を短縮できればお金の節約になります。)

自分でレコーディングをし、自分でミックス
(声のEQをいじったり、エフェクトをかけたりの作業)を行い、ミックスなど 編集の知識を多少でもかじることによって、スタジオでのレコーディングの際も、より自分の理想とする曲に近づける要望が出せるようになります。

全くの無知と少しでも知っているのとでは断然の差です。


音楽ライフの充実感、楽しさが何倍にもなる

自分で曲をいつでも録音できる。
つまりそれは「曲を作りまくれる」ってことです。
毎月デモミニアルバムを作って友達に配るということもできてしまいます。

良いフレーズや良いリリック、パンチラインなどを思いついた時にすぐに曲にできる。これって実は曲を作っていく中でかなり重要なことなんです。

自分のスキルアップのためにもなるし、
録音しておけば曲のフレーズ等を忘れることもありません。
何より気づいた時には、
自分の曲がたくさん完成している。パソコンに入っている。

想像しただけでもテンションが上がりませんか?

自分の曲だけではなく、友達の曲をレコーディングしてあげたり
みんなで曲を作るときにも、レコーディングできる人が一人いると制作活動は スムーズに進みます。

自分で録音できるだけで、音楽ライフの充実感や達成感がまるで違います。




レコーディング特集ページ RAPPERS ROOM レコーディングに必要な機材 レコーディングって難しいの