OTAIAUDIOのブログ

PADのバーンイン&消磁プログラムアナログディスクを試してみました。

PinterestTumblrHatenaPocketLineGoogle BookmarksEvernote共有

PADのバーンイン&消磁プログラムアナログディスクを試してみました。

ケーブルなどのオーディオアクセサリーで有名なPADから発売されているバーンイン&消磁プログラムアナログディスク ASE-LE01を使用してみました。

メーカーの説明によると収録されているノイズ信号はあらゆる周波数帯域の信号が絶妙なタイミングで登場し、あたかも「オーディオ機器のコリをほぐす」如くに効き、本来あるべき性能発揮を可能にするそうです。

ewf

17273270_1757937461202178_1532371274_o

ジャケットの裏側にシリアルナンバーが振られています。

g4

vre

レーベル面にもシリアルが振られています。

dw

説明書です。効果や使用方法が書かれております。

早速試してみました。
使用方法は至って簡単で、普段レコードを聴くようにA/B両面を一通り再生するだけです。

内容はピンクノイズとスイーブ音を組み合わせた奇怪な音が延々と収録されております。

mcm

実際に使用前と使用後では差がはっきりとあり、少しかすみ気味なところやモヤがかったところがすっきりとしました。
音楽そのものは彫りが深くなったように感じられ、楽器がより楽器らしく聴こえます。

一枚あると便利なディスクですね。

ASE-LE01の詳細はオタイオーディオのHPをご覧ください。
PAD/バーンイン&消磁プログラムアナログディスク/ASE-LE01

当店にてお試しいただけますので、ご興味のある方は是非ご来店くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です