OTAIAUDIOのブログ

ZONOTONEの高級電源タップ2機種を試聴しました。

PinterestTumblrHatenaPocketLineGoogle BookmarksEvernote共有

ゾノトーンの高級電源タップ2機種を試聴しました。

本日はゾノトーン様からオーディオ用高級電源タップをお借りしましたのでご紹介させていただきます。

de

jfewffwf

お借りしたのは下記の2機種です。

・ZPS-4000

・ZPS-6000

どちらも剛性度の高いアルミダイキャストのボディを採用し、堅牢でシールド効果にも富んでおります。
内部配線も超高純度6NCu、高機能純銅線HiFC、純銀コートOFC、高純度無酸素銅の4種をハイブリッドした3.5スケアの導体を採用し、オーディオ用に特化しております。

ZPS-4000とZPS-6000の主な違いはインレットの数で、ZPS-4000が4個口、ZPS-6000が6個口となっております。

nn3

インレットはアメリカン電機製のようですね。

gh

電源ケーブルは別売りとなっており、付属しないそうです。

qdnw

ゾノトーンの電源ケーブルと組み合わせてみました。

ufewi

お手軽なオーディオテクニカ製の3ピン対応のタップと簡単に比較試聴してみまると、その差に愕然としました。

ce

中域に適度な厚みが出て、音楽そのものが「濃く」なったように感じます。細部のディティールもはっきりとし、電源タップで個々まで違うのかと感じさせました。

wd

ハイエンドなオーディオの電源周りのアップグレードにいかがでしょうか。

ZPS-4000とZPS-6000の詳細はオタイオーディオのHPをご覧ください。

Zonotone/電源ボックス/ZPS-4000
Zonotone/電源ボックス/ZPS-6000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です