MASCHINE大特集!!
使い方から機能比較、価格やお買い得情報まで!!

MASCHINEシリーズとは?

OTAIRECORDさがわです!

最近は、Soundcloud、Youtube、ニコ動などで、自分で作った楽曲を気軽に配信できますね。SNSなどに投稿した楽曲がきっかけで、デビューを果たすアーティストも、珍しくなくなってきているかと思います。
私は、暇さえあれば、Soundcloudなどでかっこいいトラックを作っている、まだ無名のアーティストを探すのが結構好きです笑

そんな楽曲制作、トラックメイキングに興味がある方にとっては、Youtubeなどで一度は見かけたことがあるであろう、 NATIVE INSTRUMENT(ネイティブインスツルメンツ、通称NI)のMASCHINEシリーズ

※こちらは、Jeremy EllisMASCHINE STUDIOで演奏している動画です。


楽器?作曲ツール?何が必要で、何が付いてくるの?

MASCHINEを使って楽曲制作をしているアーティストもいれば、サンプリングした音源をドラムのように叩いて演奏しているアーティストもいて、いったい何に使うものなのか疑問に思えるかもしれません。

今回、オタレコでは、この MASCHINEシリーズについて、必要なものから、使い方、機能の違い、価格からお得情報まで、 徹底解説いたします!

これからダンスミュージックを作ろうと考えている方、 DJプレイの幅を広げたいという方、

めちゃくちゃおすすめの機材ですので、ぜひ、こちらのコーナーでMASCHINE シリーズの魅力をご理解いただきたいです!!

何に使うものなのか?

まず、簡潔にMASCHINEが何なのかといいますと、

パソコンと合わせて使用する楽曲制作マシーン

パソコン側に楽曲制作ソフトがあり、それに対して、楽曲制作や演奏を劇的にしやすくするのが、MASCHINEなのです。

また、パソコンがベースとなっているため、様々な楽曲制作ソフト(DAWなどと呼ばれるものですね)との連携が可能です。

例えば…
Ableton Live
Cubase
Pro Tools
Logic Pro

※もちろん付属のソフトだけでも使用可能です。

おすすめポイント!

MASCHINEには何が必要??

必要はものは、

・パソコン WindowsでもMacでもどちらでも大丈夫!
・オーディオインターフェイス (パソコンとMASCHINEの間に入って、音声情報のやりとりを仲介するものです)
・スピーカー

セットアップ例

セットアップ例

「AUDIO」と書かれているのが、オーディオインターフェイスですね。

オーディオインターフェイスが最初から内蔵されていない理由としては、ユーザーが好みの音質を持ったオーディオインターフェイスを使用できるように配慮されているためです。

※ちなみにオタレコで取り扱っている オーディオインターフェイスはこちらです。

オタレコでは、必要なものを揃えたセットのご用意もしていますので、是非ご参考にしてください!

おすすめセット

初心者向け!動画でMASCHINEレビュー

初心者の方、ご購入を検討中の方に向け、オタレコYoutubeにて25話にも及ぶ、徹底レビューをしています!必見です!

MASCHINEシリーズに新たにMASCHINE JAMが加わりました!

オタレコでMASCHINEシリーズを見るならこちら

オタレコでは、そんなMASCHINEシリーズを様々なセットや特典付きで販売中です!
是非、下記のリンクよりご覧ください!

おすすめ情報!!!

Maschine Studioのおすすめセットはこちら!


KOMPLETE SELCTが付属するお得なセットは下記の画像をクリック!

KOMPLETE SELECT

メニュー