高音質レコードの世界。

●高音質レコードとは?

高音質レコード

高音質レコードとは一体どういう定義なのかをご説明いたします。

最初に申し上げたいのは、それは明確な線引きがあるわけでもなく、アーティスト、レーベル、また、当店で、音にこだわっていると判断したものをカテゴライズしています。

また、音にこだわってというのも、いろいろな角度があります。

それは後程説明するとして、高音質レコードの楽しみ方、利点などをまずは明らかにしたいと思います。

高音質レコードはとても楽しく、本質的な体験をあなたに提供します。

高音質なレコードは、全国の音にこだわるレコードファンに圧倒的な支持を得ています。

金額も中古で購入した場合と比べて倍以上するものも多々あります。

では、なぜ圧倒的な支持を得ているのでしょう?

これだけの価格の差があるにもかかわらず、本物を追及する音楽ファンから圧倒的な支持を得ているのは、要するに、その金額を出してでも手に入れたい何かが存在しているのに他なりません。

コンサートやライブをB席で見るかS席で見るか?

あなたも音楽ファンであれば、コンサートやライブに一度は足を運んだことがある人がほとんどでしょう。

その時に、より近くで見たほうが、感動するという事があります。

それはアーティストの息使い、緊張感などが伝わったりするからです。

音質とは別問題ですが、あえて例えさせてください。
(コンサートホールでは前列に行けばいくほどいい音響とは限らないので。)
だから、よりコンサートやライブを楽しもうと思ったら、少しでも良い位置で見ることが重要ですよね。

だからS席は高額ですし、B席はお買い得な場合がほとんどです。

これをレコードに当てはめるとどうなるのでしょうか?

大量生産に向いた手法で格安な物や音質に配慮されていないレコードがB席だとしたら、高音質なレコードを聴く行為は、あなたをS席に運んでくれる存在と 言えるでしょう。

だから高音質レコードを購入するというのは、よりアーティストに近づく、より本質に近づく行為だという事なのです。

音質がいいと何が嬉しいのでしょうか?

「これは音質がいいからおすすめ」と世間一般に言われていますが、音質がいいと何のメリットがあるのでしょうか?

S席B席の例えはちょっと曖昧だったかもしれません。

音質が良いレコードを耳の中に入れると具体的には、どういったメリットがあるのでしょうか?

それに関しては、「音楽を楽しむ」「オーディオを楽しむ」こういった大きなテーマに触れてしまう事であり、哲学的な話になってしまいますので、基本的には個々の 価値観ということになります。

ただ私どもも昔からレコード盤やオーディオ機器、もしくはアーティスト向けの録音機器を販売している立場から代表的なメリットは列挙できますので、この世界に 入ろうとしている方に向けてお話をさせていただきます。

★音質が良いと「聴いていて気持ちが良い」。

これは想像に難くないと思います。音質が良いとそこから出る音は雑味がなかったり、安定した発音であったりするので、リスナーにとって心地よい印象を与えます。

それによって、レコードを聴く60分の「時間のレベル」が変わってきます。

S席で楽しむのかB席で楽しむのか?という感覚に近いと思います。
ちょっと下世話な表現になってしまうかもしれませんが良い時間をお金で買う事も言えるかもしれません。
★アーティストの少しでも望む形で音源を再生できる。

良いプロのアーティスト、録音技師すなわちサウンドエンジニアは、少しでもいい作品を生み出そうと必死で録音物を制作しています。

そこで生み出された音源がマスター音源です。マスター音源とは、録音が終了し、ミキシング、マスタリングなどの行程を経て、レコードをプレスする前段階の音の事を指します。

またそこから、子マスター、孫マスターなど第2世代、第3世代・・・となっていくのです。

アーティスト自身、また、プロのサウンドエンジニアが、これで行こう、と決定した音に対して、レコードのプレスや再生の仕方がいい加減だと、折角の魂のこもった作品が台無しになってしまいます。
★細かい楽器のニュアンスや空気感が感じられ、より音楽自体も楽しめる。

良い音響、音源を形容する言葉でしばしば用いられる表現に「今まで聴こえなかった音が聴こえる」という表現を用いることがあります。

音楽の音質などにこだわって聴く機会がなかった方には珍しい言い回しに聞こえるかもしれません。

この表現はどういったことかというと、例えば音自体の付帯ノイズレベルが全体的に下がり、相対的に小さな音でもはっきり聴こえるようになったり、楽器のニュアンスが よりはっきり感じられるようになったりするという事です。

こういった表現を用いてしまうと、オーディオファンの世界の話に聞こえがちですが、それは違います。

あなたが音楽を少しでも楽しみたい、追求したいと思うならば、この事は間違いなく幸せなことだと思います。

高音質レコードの定義

音楽は芸術作品であり、芸術作品は人によって感じ方が違います。

ですから、定義も何もないのですが、私どもも、インターネットを媒介し、恐らくまだお会いしていないあなたに対して、音楽に関してご提案、ご説明をさせていただく以上、何らかの基準が必要であり、宣言が必要だと思いますので、あえて記載させていただきます。

基本的には文章の最初のほうで触れているように、明確な基準はありません。

ただ便宜的に我々では以下のようなものをこちらのコーナーではご紹介させていただきたいと思っています。

★元々の盤の録音が優秀なもの
★通常の物よりもマスターテープに近いところから起こされた音源
★盤質がしっかりして、安定して針がトレースできるもの
★45回転等、記録方式にこだわっているもの
★リマスタリングされているもの
★カッティングエンジニアが優秀およびこだわって製作されているもの
など

大体このようなパターンのものをおすすめさせていただいております。

ただし特に古めの音源のデジタルリマスターなどに関しては、マスタリングエンジニアの腕の見せどころではありますが、原盤からかなり印象が変わっているものもございますので、その辺は、リサーチされてから購入されたほうがよろしいかもしれません。

折角良い音響をそろえても損をする可能性があります。

オーディオ、音楽再生は常にバランスです。
こういう方はなかなかいないとは思いますが、高音質レコードを購入しても2000円位のおもちゃのようなスピーカーで再生しても、高音質レコードのほとんどの意味合いが無駄になります。

逆もまた言えることで、仮に1000万円くらいするセットで、ノイズが入り放題の適当な機材を使って、的確なレコーディング方法を度外視して録音された物を聞いても、良い効果は得られません。

だから、要はバランスです。

自分の現状で可能な限りの良い機材を用意し、良いセッティングで、優秀な録音、優秀なプレスのレコードを聴くことが大切なのです。

そのレベルの上下はあるにせよ、バランスが悪いと、良い結果は生まれにくいです。

●おすすめの高音質レコード

DIANA KRALL (ダイアナ・クラール) (LP 180g重量盤) QUIET NIGHTS Artist: ダイアナ・クラール Title: QUIET NIGHTS ダイアナクラールは、高音質な録音でオーディオファンには定番の存在。 一枚も持っていないならば是非おすすめです。 この盤は45回転盤でさらに高音質を追求した究極の仕様。 09年にリリースされた通算12作目となる本作品は数々のボサノヴァの名曲をカヴァー。 ボサノヴァに限らずBEEGEESの名曲「HOW CAN YOU MEND A BROKEN HEART?」や、ボサノバの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンの名曲「イパネマの少年」なども収録。
SWING ALONG WITH ME Artist: フランク・シナトラ Title: SWING ALONG WITH ME 20世紀を代表するエンターテイナー。 なんとも心地の良いスウィング感がたまりません。 オーケストラをバックに広がる彼の 伸びやかな歌声に心打たれます。 >ジャズだけではなく音楽ファンであるなら 是非聴いて頂きたいです。
JOHN COLTRANE (ジョン・コルトレーン) (LP) タイトル名:TRANEING IN Artist: ジョン・コルトレーン Title: TRANEING IN ワンホーンによる作品でジョン・コルトレーンのソロをたっぷりと楽しむ事が出来る作品となっています。 コルトレーンとガーランドの美しいソロを聴く事ができます。 OJCの廉価版でありながらエモーショナルでとても雰囲気が良く、中低域が豊かなスピーカーで大音量で再生したいという欲望に駆られます。
BILL EVANS TRIO(LP) WALTZ FOR DEBBY Artist: ビル・エヴァンス Title: NOT TOO LATE スコット・ラファロ(b)とポール・モチアン(ds)を擁するビル・エヴァンス・トリオ。 結成後1年半たった61年6月25日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演した際の歴史的ライヴ録音。 こちらもOJC盤でありながら、元の録音が良いのでとても買いやすいですね。 しっかりと振られたPANが音響システムを試されるかのようで、オーディオファンにはとても人気の盤です。
MIDNIGHT BLUE Artist: ケニー・バレル Title: MIDNIGHT BLUE ジャズギターの名盤として根強い人気 を誇る1枚です。 ジャズギターの名盤と言えばコレ!と掲げる人も 多いです。 ブルース曲が多く渋めな楽曲が好きなら必ず 待っておきたい作品です。
THE HOLY GROUND Artist: MARY BLACK Title: THE HOLY GROUND メアリーブラックの『THE HOLY GROUND』がPure Pleasure Recordsから高音質でよみがえります。 この盤も優秀録音盤としてOTAIRECORDでもベストセラーの盤になっています。 アコースティックの弾き語り、透き通った透明度の高いボーカル大好評。
COLTRANE Artist: NORAH JONES Title: LITTLE BROKEN HEARTS ベテランの名人、ケヴィン・グレイによるマスタリング。 最上級の代名詞となりつつある信頼のQRP製! Blue Note × Analogue Productionsのコラボレーションが実現! ノラ・ジョーンズの全アルバムが、Quality RecordPressingsが誇る、独自のスーパーサイレントヴァイナル仕様の200g盤で登場!

高音質レコードコーナーリンク一覧です。

色々なレーベルから高音質のレコードがリリースされています。お気に入りのレーベルを見つけて集めてみるのも一つの楽しみ方です。
高音質コーナーへ
SPEAKERS CORNER
プレスティッジ
PURE PLEASURE
ノラジョーンズのアナログ
Analogue Productions
BLUENOTE MUSIC MATTERS
MUSIC ON VINYL
ORIGINAL MASTER RECORDING
BEATLES特集
SUPER CUTS
180G RHINO VINYL
高音質アナログセールコーナー
CLASSIC RECORDS
ヴィーナスレコード
ORIGINAL RECORDING GROUP
CLEAR AUDIO